2005年07月23日

こうしてピアノを再開しました。

こんにちは。

私は小学校の頃ピアノをしていました。練習の嫌いな子供でした。ピアノ自体は嫌いではなかったけど、やはり練習をコツコツするタイプではなかったです。。。結局4年くらいで辞めてしまいました。(ブルグミュラーの途中くらいです)


それから約10年後の、学生時代。JAZZと出会いました。

ハマったのはピアノ。。。練習熱心ではなかったものの、子供の頃からピアノに親しんで来た自分には、やっぱりピアノの音がしっくり来ました。ハマったのは「ビル・エバンス」「バド・パウエル」そして、「キース・ジャレット」でした。特に「キース」のピアノの透き通った音にどうにもハマってしまいました。


その後、就職をしてお金の余裕が出来た僕はライブハウスを廻っていました。

ある地方の小さなJAZZライブハウスで演奏を聞いていた時、2曲、3曲と進むうちに、どんどんお客さんが演奏に加わって行きました。気づいてみれば、自分以外は全員楽器が出来た。。。。そう、JAZZ好きなら楽器をやるべし!そう思って、ピアノを再開しようと決心しました。。。(今思えば、かなり特殊なライブハウスですが。。。)

まずは、ポピュラーピアノのクラスに入会。。。大人のピアノ教室のグループレッスンに参加していました。でも、弾きだすと面白いのはクラシックですね。最近クラシックの個人クラスに転向しました。

いつかはJAZZを弾きたい。キースのように想うままに楽譜なしで演奏したいです。


ブログ開設から3日目。。。いまだ訪問者は「0人」なので、宣伝も兼ねてランキングに登録してみました。少なくとも自分だけは1日1回クリックして、一体何位くらいになるんだろうか??
人気blogランキングへ
【関連する記事】
posted by テツ at 00:24| Comment(5) | TrackBack(1) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
早速お邪魔しました。
楽天の方と全然雰囲気違いますね〜(^^)
なんだか嬉しいです。
それにしても、お好きなジャンルが私と似ていてびっくりです。ライブハウスの様子もよ〜く分かりますよ〜。
今後も色々刺激をいただけたらと思います。よろしくお願いします!
Posted by Rie at 2005年07月23日 06:05
こんにちは。
さっそく遊びに来てくださってありがとうゴザイマス。
仕事後に、夜中にピアノを練習する大人たちのためのページをイメージして、夜の感じにしてみました。
(ホントは本物のピアノで昼間からジャンジャン弾きたいのですが。。。)
私もRieさんからイロイロ刺激を受けてますよ。これからもお互い練習がんばりましょう!
Posted by テツ at 2005年07月23日 16:19
こんばんは。Rieさんのサイトの書き込みから来ました〜。今年の5月に電子ピアノを買いまして6月からレッスン再開です。ちょくちょく訪問させていただきますのでよろしくお願いします!
Posted by tendosh at 2005年07月23日 21:21
わ〜びっくり!実はtendoshさんにテツさんのサイトをご紹介しようと思ってたんで・・・。よかったです〜。皆さん、同じような境遇だったりするので(^^)。
tendoshさんのブログも色んな情報満載でとっても参考になってます。これからもよろしくお願いします。
それから、テツさん、よろしかったらリンクを貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?
Posted by Rie at 2005年07月23日 22:39
Rieさん&tendoshさん
(まとめレススイマセン)
カキコありがとうゴザイマス。tendoshさんのサイトはRieさんのサイト経由で遊びに行っていました。もうアンテナにも登録していただいたようでびっくりです。ありがとうございます。
Rieさんもリンク大歓迎です。よろしくお願いします。

ボクもこちらのサイト落ち着いてきたらリンク集を作りたいのでその時は参加してくださいね。
Posted by テツ at 2005年07月23日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

枯葉/キース・ジャレット・トリオ
Excerpt: 先日、リンクをはらせてもらってるテツさんと、キース・ジャレットの話題をやりとりした。キース・ジャレットって、ジャズ界ではとても有名なピアニスト。 まだジャズを知って間もない頃、大学のジャズサークルの..
Weblog: My BECHSTEIN
Tracked: 2005-07-27 19:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。