2005年11月22日

スタニスラフ・ブーニン オールショパンリサイタル 2005

こんばんは。(少々ネタバレを含みます。)

昨日(11/20)は以前にブログに書いたブーニンのコンサートに行って来ました。場所はサントリーホール。六本木です。サントリーホールはパイプオルガンもあるとても立派なホール。。。とてもキレイだし音響もすばらしい施設です。ピアノはスタインウェイでした。(←当然?)

私はなんと前から3列目の少し左側の位置から見ることが出来ました。一緒に行った友人が勤務時間中にもかかわらず頑張ってデンワ予約してくれたお陰です。。。(感謝!!)

suntory.jpg

演奏された曲目は以前の記事とは少し変わっていて以下の通り。

即興曲 変イ長調 作品29
スケルツオ 第2番 変ロ短調 作品31
4つのマズルカ 作品33 1〜4
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22

ワルツ 第5番 変イ長調 作品42
バラード 第4番 へ短調 作品52
3つのマズルカ 作品63 1〜3
ポロネーズ 変イ長調 作品61「幻想ポロネーズ」

私の気になった曲は。。。

スケ2
私が今回一番楽しみにしていたのはスケ2です。やっぱり一番良く聞いている曲だからです。『ブーニンの演奏って少しクセがある??』なんて警戒して行ったんですが、全然そんな不安は一気に吹き飛びました。非常に力強い演奏にグイグイ引きこまれて、あっという間に体が熱くなりました。。。『来てよかった〜』もちろん手の動きも間近で見ることが出来て感動しました。

バラ4
バラード4番も楽しみにしていった曲の一つ。。。実はブーニンのコンサートに行く事が決まるまでこの曲を真剣に聴くことはありませんでした。バラ4は後半がむちゃくちゃ速くなりますよね。ブーニンはあそこをどー弾くか?目の前で見るのが楽しみでした。もちろん恐ろしい速さで弾いていました。(当たり前。。。)
スケ2にしてもバラ4にしても本当にピアノって体力勝負ですね。あんなに激しい曲を何曲もやるなんて、まず体力が必要だ。私もハノンやる前に筋トレが必要かも。。。

マズルカ
今回はマズルカが多かった。。。なじみのない曲ばかりで非常に不安だったんですが、目の前で聞くと躍動感があって楽しかった。。。(1曲が短かったも幸いしたんですが。。。)マズルカの起源は民族舞踊であるというのが良く分かったです。あんなに跳ねるような強弱をピアノで表現できるんだな〜と感動してしまいました。

子犬のワルツ
アンコールは2曲。子犬のワルツとあと一曲(曲名不明)。。。ブーニンは9月の題名のない音楽会で『マズルカ63』と『子犬のワルツ(さわりだけ)』を弾いていたのでひょっとしてと思ったけど、なるほどの選曲でした。ブーニンの子犬のワルツは、ドックレースの様な速さでした。そして、跳ねるところは軽やかに跳ねていて。。。障害競走かな(笑)。。。とてもすばらしい演奏でした。

ところで、子犬のワルツって全音だと『難度C』ですよね。。。いやいやとても弾けない曲という印象を受けましたです。ハイ。

そんなわけで、音楽知識のない私のレポだとその良さがあんまり伝わらないと思いますが、とてもよいコンサートでした。

====================================
コンサートでは大人になって始めたピアノと平凡な日々のkousoraさんとご一緒させていただきました。

開演前に待ち合わせてちょっとお茶。。。そして私の友人と3人で終演後にお酒を頂きました。とても感じの良い方で楽しくお話できました。子供のお稽古と違って、大人になってからピアノを始めた方はそれぞれに想いがあってピアノを弾いているので、話をしていても楽しいですね。

そうそう。サントリーホール周辺は適当なお店がないです。とても寒い中連れ回してしまって申し訳なかった。。。結局、『庄や』『ホテルのシャンパンバー』極端な2択!!。。。大好きなシャンパンが飲めて幸せでした。。。お代わりしたかったですが電車もなかったので、再会を誓いつつお別れしました。

kousoraさんはお仕事もされている主婦の方。サラリーマンの私はタイムカードを切ってしまえば自分の時間ですが、主婦の方は家にいる時間すべてが勤務時間。。。練習時間の確保に苦労されているようでした。是非頑張って練習を続けて欲しいと思いました。

posted by テツ at 01:20| Comment(15) | TrackBack(1) | コンサート・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「小犬」って簡単な曲なので、弾く人によって全然違った印象ですよね。私が一番驚いたのは、ルイサダの演奏でした。きらびやかで、目からうろこ。ブーニンの演奏も聴いてみたいです。
Posted by myazeppa at 2005年11月22日 08:24
ブーニンのコンサートですかあ。ちょっと興味あるなあ。
しかも、いい席ではないですかあ。

Posted by ポーちゃん at 2005年11月22日 16:10
>myazeppaさん
確かにブーニンの子犬は、普通の人の弾く子犬の軽やかさに、スピードと力強さがプラスされた不思議な感じでした。。。
ルイサダの演奏はきらびやかですか〜。。。それが本来の形な気がしますね。。。

>ポーちゃんさん
そうなんですよ。良い席。。。友達に感謝です。前から3列目だったので、直ぐソバで見ることが出来ました。。。
コンサートは楽しいですね。
Posted by テツ at 2005年11月22日 23:27
素敵なひと時を過ごされてきたのですね。
ブーニンはショパンコンクールで優勝したとき一世風靡しましたよね。
やはりショパンが御得意なのでしょうかね。

いまや小学生でも弾く子犬のワルツ、
ショパンの中では比較的早い時期に習う方多いみたいですけど、子供でも弾ける曲だからといって侮れませんよね。

コノ前のショパンコンクールで優勝したブレハッチ君の子犬のワルツは圧巻でした。

きっとブーニンのも素晴らしかったでしょうね。
聴いてみたいわ。
Posted by ともみ at 2005年11月23日 03:10
テツさん、おはようございます〜♪

ブーニン楽しかったですね!
私も久しぶりにシャンパン飲めて嬉しかったですー!
でもちょっと飲み足りなかったですね!

>是非頑張って練習を続けて欲しいと思いました。
私が愚痴ってたので、気にかけて下さったのですねー(笑)ありがとうございます。
ピアノは後10年は続けようと思ってますよ〜!
「愛の夢」が弾ける様になるまで頑張ります!
今度は練習会などでテツさんのピアノを是非聴いてみたいです。
Posted by kousora at 2005年11月23日 06:43
 テツさん、こんばんは^^

 ブーニンリサイタル、
素晴らしかった様で、良かったですね♪
kousoraさんとの2次会もアリで!
シャンパンか。。。羨ましいw

 僕が気になるのは、このプログラムでは
「スケ2」「アンスピ」「幻ポロ」
という王道曲^^)v
 子犬もイイですよね〜。
でも、あの曲はホントに難しいです。。。
Posted by こーじ at 2005年11月23日 22:19
すごいですね〜!会場の画像を見たら、なんかゾクっとしましたよ〜(^^;

私も題名のない音楽界見てました!子犬とか弾いてましたよね〜。
あの曲、ゆっくり弾いてても子犬らしさがないっていうか・・・
やっぱり初級でも難曲!さすがショパンですね♪

私もいつか、リサイタルとか行きたいな〜♪
Posted by yu-ki at 2005年11月24日 14:21
こんばんは!
kousoraさんとお会いしたんですね☆
いい時間を過ごされたようで、羨ましいな♪

ピアノって本当に体力勝負だと私も思います。
でもハノンもある意味、筋トレだと思うのは私だけかしら??
ピアノを弾くための筋力をつける練習っていうイメージなので(笑)
Posted by 高菜 at 2005年11月24日 22:37
テツさん、こんにちは。
メルアドの件、遅くなってごめんなさい!
腕、その後、いかがですか?
私の方も、まあ徐々に快方に向かってますが、なんせ歳なので常に気を使ってなければすぐに悪くなるんだ・・・と観念いたしました。

もう少し良くなったら、ブログ仲間の皆さんにコメント入れて歩こうと思ってます。
では、テツさんもお大事に。
東京に行くときは連絡します!では!
Posted by Rie at 2005年11月26日 08:26
>ともみさん。
ブレハッチ君(?)も『子犬』弾いたらしいですよね〜。。。指使いは簡単なのかもしれませんが、あんなスピードで弾くのは常人ではできません!!
今日彼のCDを試聴して来ました。英雄ポロネーズです。(←買ってはいません。。。)

>kousoraさん。
どうもお疲れ様でした。
この前は飲み足りなかったですよね。今度は練習会のあとに浴びるほど飲みましょう。。。(←おいおい)
好きで楽しくてやっているピアノの練習も、時には孤独で苦しいですから。。。お互い刺激しあって練習を続けて行きたいものですね。私も「バラ1」目指してがんばります。(←何年先だろ。。。)

>こーじさん
こーじさんは子犬弾けるんですよね〜。いいな〜。子犬は難しいので音取りだけして、ずーっと弾き続けたい感じですね。私は、まだそこまで手が廻りませんが。。。そのうち挑戦したい曲です。

>yu-kiさん。
>すごいですね〜!会場の画像を見たら、なんかゾクっとしましたよ〜(^^;
ありがとうございます。あの画像を加工するのに結構時間かかったんですよ!!コメントくださって嬉しいです。
とてもよい席で見れて感動しました!!
子犬は非常に難しそうでした。でも、ブーニンは軽々!っと弾いていたから驚きです。

>高菜さん。
kousoraさんは落ち着いた素敵な女性でした。高菜さんともそのうちご一緒できるとよいですね〜!
なるほどハノンも筋トレですね。ブーニンは体中で弾いていてまるで格闘技のようでした。。。
私は体力が無いので、体力増強も練習項目に入ります〜。。。悲愴のトレモロで筋肉痛なので。。。(最近弾いてません〜(汗))

>Rieさん。
手大事にしてくださいね!ピアニストは手が命ですから〜!かく言う私もあんまり手は良くないです。なので、更新もピアノもゆっくりペースでやっていこうと思います。メアドありがとうございます。
Posted by テツ at 2005年11月27日 01:30
はじめまして。トラックバックさせていただきました。
Posted by みい at 2005年11月28日 01:51
すごく良い席ですね!いいなあーーー。やはり手元を見たいですから。

体力勝負・・・そう思います。スケ2を1曲弾くだけでもしんどいのに・・・凄いですよね!

ああ、リサイタル行きたいなあ。
Posted by かおる at 2005年11月28日 21:31
>みいさん
はじめまして。TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきますね。

>かおるさん
スケ2体力要りそうですよね。私もいつかは弾きたいなんて夢の様なことを考えてしまうのですが、体力がついていかなそうです。。。(涙)
Posted by テツ at 2005年12月05日 00:23
今朝の目覚ましテレビでブーニン親子リサイタル間近というのが出ていましたね。それにしてもブーニンというと随分前に、ロシアにいた頃アップライトで練習していたという珍しいピアニストで、しかもその練習が近所の人からうるさがられてしまいに練習ができず苦労したという話を聞いたことがあるのですが・・・。だとしたらなかなかすごい話ですよね。環境にもめげず、人間ってすごいなあ。
Posted by haiying at 2005年12月14日 09:59
>haiyingさん
こんばんは。
先日ショパコンを制したブレハッチも「アップライトで練習していたらしい」と、ともみさんのブログに書いてありましたが、音大でバリバリグランドピアノ弾いていたのでは?と言う指摘がありました。。。ブーニンはどうだったのでしょうね〜?
Posted by テツ at 2005年12月16日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9647343

この記事へのトラックバック

すごい1日
Excerpt: 今日は朝から大和郡山城ホールで行われた「暮らしにちょっとクラシック音楽を」の会主催の川嶌先生の演奏会の裏方(お手伝い)に。昨日、岐阜からの帰宅が遅かったから(遅かった上になぜか奈良テレビでやってた映画..
Weblog: みい’s Heute (私のDaily News)
Tracked: 2005-11-27 15:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。